ビクトリア 街情報

目次

1.ビクトリア 基本情報

ビクトリアはカナダの西の端にあります。
バンクーバーの西、バンクーバー島の南端にあるブリティッシュコロンビア州の州都です。
バンクーバーからおよそ100km離れたブリティッシュコロンビア州の政治の中心地です。
バンクーバーからは国内線で25分ほどで到着します。

18世紀にはイギリスの植民地として栄えたため、イギリス風の建物が多く、落ち着いた環境で留学先としても人気を集めています。
ガーデンシティとも呼ばれ、街中には四季折々の花が咲き花の庭園の中を歩いているような街です。

また、治安の良いカナダの中でもさらに治安が良いことで有名です。
初めての海外で不安がある、と言う方にもお勧めの街です。
日本人が少なめで学生が多い街、ということも勉強に集中したい人に向いています。

カナダ人にも人気の街で、住みやすさ、美しい街並みから「退職したら住みたい街」としても有名です。

ビクトリア 街並み

2.ビクトリアのおすすめポイント

落ち着いた環境で勉強に集中できる

花の街ビクトリアは温暖な気候に恵まれた、(他の街に比べて)大きくない落ち着いた街です。
じっくりと英語の勉強がしたい人におすすめです。

街の規模は大きくありませんが、語学学校は多くあり必ず自分に合った学校が見つかります。

アクティビティが豊富

ビクトリアは周囲を海に囲まれているので、ホエールウォッチング、ダイビング、セーリング、カヤック、クルーズ、ウォータースキー、フィッシングなどのマリンスポーツが盛んです。
カナダ国内でも観光地や保養地としての人気が高く、勉強のリフレッシュにも最適です。

また、花が咲き乱れるビクトリアでは、英国風の市街地を自転車や馬車で散策できたり、庭園を巡ったりと、近場でもたくさんのアクティビティがあり、楽しめます。

小規模で学生に目の行き届く語学学校

ビクトリアにはあまり大きくない規模の語学学校が多くあります。

それぞれに特徴があり、厳しめの学校で英語に没頭したり、アットホームな雰囲気の学校に行ったり、選択授業で弱点をなくしたり、いろんな学校から選ぶことができます。

温暖な気候

暖流の海に囲まれたビクトリア過ごしやすく、冬でも0度以下になることが少ない街です。
「カナダでもっとも穏やかで過ごしやすい街」とも言われています。
気温は夏の平均最高気温が25℃前後、冬の平均最低気温が3℃前後ですので暑すぎず、寒すぎず。という感じです。

ただバンクーバーと同じで夏の日差しは強く紫外線対策は欠かせません。

朝晩の気温差が大きいので、女性の方は夏でも薄いカーディガンなどを持っていきましょう。

お得なバス料金

ビクトリアでは主な交通機関はバスとなります。

バスを利用すると街の中心部から外れまで行く事ができます。
料金もリーズナブルでどこまで行っても2.5カナダドル(212円前後)。
マンスリーパスだとさらにお得なので通学にバスを使う場合には購入しましょう。

ビクトリア 街並み

3.ビクトリアのちょっとだけ残念ポイント

家賃が上昇傾向

比較的物価が高いビクトリアですが、家賃も上昇傾向にあります。
ワンルーム、1ベッドルームを借りる場合には賃料が850~1,000ドル(7万円~8.5万円)かかります。

日本からの直行便がない

ビクトリアに行くには必ずバンクーバーで国内便に乗り換える必要があります。
さらにビクトリアの空港についても、街の中心地までは車で30分ほどかかります。

バンクーバーからは他にバスでの移動も可能ですが、だいたい3時間~4時間くらいかかります。

ビクトリア 街並み