ゴールドコースト留学の街情報



目次


1.ゴールドコーストの基本情報

ゴールドコーストはオーストラリアのクイーンズランド州南東部に位置し、サーファーズパラダイスなどの有名なビーチが多数ある観光都市です。
オーストラリアで最も有名なビーチリゾートで、南北42㎞にもわたり白い砂浜が続いています。

年間300日以上も晴れの日があり、年間平均気温24℃と過ごしやすい気候の都市です。

ゴールドコースト 海に現れたクジラ

2.ゴールドコースト留学のここがお勧め

マリンスポーツが楽しめる

世界的なビーチリゾートであるゴールドコーストではマリンスポーツが盛んです。
語学学校によっては、アクティビティにマリンスポーツを積極的に採用している学校もあります。
興味のある方は、語学学校を選ぶ際に参考にしてみても良いのでは。

治安が良い

オーストラリアは比較的治安の良い国です。
ゴールドコーストも治安は良いですが、軽犯罪には気をつけましょう。
スリ、置き引きなど観光客を狙った犯罪もあります。
また、バーでお酒に睡眠薬を入れる。という犯罪も報告されています。
自分が飲んでいるお酒からは目を離さない。
万が一、お酒から目を離してトイレに行ったりしてしまった場合には、そのお酒を諦めるくらいの心構えが必要です。

気候のよさ

ゴールドコーストは気候が安定していて過ごしやすいことで有名です。
季節の変わり目がなく、晴れの日は年間300日以上、平均気温も24℃前後と暑すぎず寒すぎないので年間を通して過ごしやすいのが魅力です。
天気が悪いと、それが原因で鬱になる人もいます。
ゴールドコーストではそんな心配はいりません。

観光分野を学べる

ゴールドコーストは世界的な観光都市なので観光業が盛ん。
そのため観光に関するコースもあり、観光や接客を学べます。

将来観光分野に進みたい人は、アルバイトも観光業界で可能なのでお勧めです。

ゴールドコースト 洞窟

3.ゴールドコースト留学のここが残念

物価が高い

ゴールドコーストはシドニーやブリスベンに比べれば物価は安いです。
ただ、観光地のため飲食店、カフェなどは観光客向け価格だったりします。
基本的には自炊をして、たまに外食。というのがお勧めです。

日差しが強い

ゴールドコーストは晴天率が高いのが魅力ですが、その反面紫外線が強いのがデメリット。
紫外線の強さは日本の4倍と言われています。

日よけ止め、帽子、サングラスなどを常に使うようにしましょう。
紫外線を避けるための長袖の服を常に持ち歩きましょう。
日よけ止めは日本で気に入ったものがあるなら、持って行きましょう。
海外のものは、日本人にはきつすぎることもあります。

  • メールのお問い合わせ48時間以内にご回答お問い合わせはこちら
  • お得なお見積もり無料でいつでもお見積もりをお送りします無料お見積もりはこちら