留学に使えるオーストラリアの観光ビザ



目次


1.オーストラリアの観光ビザってどんなビザ?

多くの国では短期の渡航の場合にはビザは必要ありません。
ではオーストラリアではどうでしょうか
「他の国もビザがいらなかったからオーストラリアもだよね」と考える方が多いですが、オーストラリアでは3ヶ月までの留学の場合にはビザの取得が必要になります。パスポートとクレジットカードを用意して申請すれば3日で取得が可能です。
手数料は20オーストラリアドルがかかります。

観光ビザで働くことはできません。
万が一働いていることが分かると国外退去処分になることがあります。
さらに今後の海外旅行や留学、ビザの申請に影響が出てきてしまいますので働かないようにしましょう。

2.観光ビザの申請条件

・年齢:何歳でもOK
・滞在期間:3ヶ月以内
・学校に通える期間:3ヶ月以内
・働く事:できません

ETAの申請ページはこちら
右上の「日本語」をクリックすると日本語表記に切り替わります。

ブリスベン 川越しの風景

3.観光ビザでよくある質問

ETAという表記とETASという表記を見ます。違いはなんですか?

ホームページなどによって記載が違いますが、どちらも同じものを指しています。
ETAはElectronic Travel Authority
ETASはElectronic Travel Authority Systemの略です

観光ビザの申請には何が必要ですか?

有効なパスポート、Eメール、クレジットカードが必要です。
業者にお願いする場合にはクレジットカードが不要な場合もあります

パスポートにシールとか貼ってもらえるんですか

オーストラリアの観光ビザはパスポートにシールを貼ったりスタンプを押したりはしません。
ETAは電子ビザなので、自動的にオーストラリア移民局のホストコンピューターに登録されます。
不安な場合は、申請が完了したときに届くメールに記載されているETA承認番号を控えて入国すると良いでしょう。

申請後に書類などは送られてきますか?

オンラインでETA申請を行った場合、確認と領収書のメール以外は何も送られてきません。
また出入国の時は移民局のホストコンピューターにパスポート情報が入っているので、入国審査官はオンライン上でパスポートと情報を照合します。
きちんと承認番号を取得していれば、入国審査で特に何か聞かれたり調べられたりすることはありません。

4.他のビザへの切り替え

学生ビザへの切り替えが可能

3ヶ月、オーストラリアに住んで英語を勉強してみて「もっと、英語がうまくなりたい!」と思ったら、観光ビザを学生ビザに変更することもできます。
現地にいる間に学生ビザに切り替え申請をすれば、学校に通う期間だけ滞在を延長することができます。

学生ビザを取得すれば3か月以上の就学ができる他、最大週20時間までアルバイトをすることもできます。

ワーキングホリデービザへの切り替え

オーストラリア国内からのビザ切り替えはできません。
一度、日本に戻ってからワーホリビザの申請をしましょう。
ただしセカンドワーホリの場合には申請条件を満たしていれば申請が可能です。

ゴールドコースト イルカのいる風景

  • メールのお問い合わせ48時間以内にご回答お問い合わせはこちら
  • お得なお見積もり無料でいつでもお見積もりをお送りします無料お見積もりはこちら