アイゼス10の秘密アイゼスサポートのすべて留学コーディネーター世界のISES NETWORK
メール相談資料請求
海外就職インターンシップ資格取得ワーキングホリデイ看護・介護プチ留学ボランティア専門留学
行きたい国から選ぶアメリカカナダオーストラリアニュージーランドアジアその他の国
各国留学費用アメリカカナダ
体験談スタッフブログ
HOME » 体験談 »児童英語教師
体験談

アイゼスで留学に行かれたお客様が体験談を寄せて下さいました。
先輩方のアドバイス、すばらしい経験の数々、ぜひのぞいてみて下さい。

大道世美様  

大道 世美 様

プログラム児童英語教師

カナダ

都市トロント

留学中の様子
留学中の様子
留学中の様子

留学しようと思ったきっかけは何ですか?アイゼスに決めた理由は何ですか?

児童英語教育に興味があり、大学時代の勉強をしてきました。今まで留学する機会はなかったのですが、海外関克の経験を積むと共に、これまで日本語で学んできた児童英語教育の知識を今度は英語で学ぶことでその知識を深めたいと思い、1ヶ月ではありますが留学を決めました。アイゼスの留学カウンセラーさんはとても親身になって話を聞いてくれ、私にとって最善の留学プランをコーディネートしてくれる姿がとてもうれしかったので、今回お世話になりました。

カナダの印象はいかがでしたか?

私が行ったトロントは移民の町なので、本当に多くの人種の方が住んでいます。また語学学校も多いので英語を学ぶ留学生も多く、良いモチベーションとなりました。トロントの良いところは、大都市なので住みやすくバンクーバーよりも日本人が少ない点です。また、各国の料理を楽しむことが出来ます。カナダ英語はなまりや癖がなく聞き取りやすいと思います。私はカナダに行ったのは3回目ですが、自然がたくさんあるこのうつくしい国は何度訪れても飽きません。

日本との違いを感じたこと

基本的に物価はあまり日本と変わりませんが、交通費がとてもかかります。また携帯電話が広く普及しており、使用規制の法律もないので、電車やバスの中・仕事中・運転時などカナダ人はいつでもどこでも携帯電話を使います。またサービス精神の概念があまりないのか、レストランでもカフェでも店員はとても無愛想でした。逆に良い点は、サマータイムを採用しており1日を有効に使えることです。夕食の時間は8:00pm頃からで、1時間ほどかけてゆっくり食べます。

語学学校はどんな感じでしたか?

私が通っていた学校ではOnly English Policyというものがあり、違反した者(校内で母語を話したもの)は停学処分を受けます。厳しいルールではありますが、同じ日本人とも英語で話すため1日中英語で会話することができ良い練習となります。学校内では全体的に韓国人の生徒が多いですが、時期によりよってはラテン系の生徒も多いそうです。放課後にはアクティビティもたくさんあり、友達の輪を広げることが出来ると思います。

児童英語に関して(内容など)

私が受けたTYCE(Teaching Young Children in English)コースでは、1ヶ月という短い時間の中で教育理論や教師としてのあり方について教科書を中心に勉強してきました。また実践的な内容では、クラスデコレーション・指導案作成・模擬授業を行いました。模擬授業は先生からアドバイスをもらいながら教材を自分で作り、他の生徒が児童役になって30分のレッスンを行います。大変でしたがとてもやりがいがあり、コース終了時にはディプロマを取得しました。また、週1回幼稚園での実習が2時間半あり、授業で学んだことを活かすことができます。

今後児童英語を考えている方にメッセージ

児童英語教育の勉強は日本ででもできますが、英語圏に住む子供たちがどのような環境でどのように母国語を習得するかを見ることは日本ではできません。日本の子どもたちにより良い英語習得の環境を与えるためにも、留学として現地の様子を視察し実践することをお勧めします。特別なスキルは必要ありません。英語力と子どもが好きな気持ちがあれば十分だと思います。児童英語教師を目指してお互いがんばりましょう。

カウンセラーに対して一言

大変お世話になりました。日本では味わうことのできないすばらしい経験を積むことができました。やはり留学を決意してよかったです。ありがとうございました。
ページTOPへ