アイゼス10の秘密アイゼスサポートのすべて留学コーディネーター世界のISES NETWORK
メール相談資料請求
海外就職インターンシップ資格取得ワーキングホリデイ看護・介護プチ留学ボランティア専門留学
行きたい国から選ぶアメリカカナダオーストラリアニュージーランドアジアその他の国
各国留学費用アメリカカナダ
体験談スタッフブログ
HOME » 体験談 »ワーキングホリデイ
体験談

アイゼスで留学に行かれたお客様が体験談を寄せて下さいました。
先輩方のアドバイス、すばらしい経験の数々、ぜひのぞいてみて下さい。

落合麻衣子様  

落合 麻衣子 様

プログラムワーキングホリデイ

オーストラリア

都市シドニー

留学中の様子
留学中の様子
留学中の様子

留学しようと思ったきっかけは?

学生時代から海外で生活するのが夢で、社会人になってお金を貯めて行こうと思っていました。生きた英語を勉強したいと思ったのと、海外の文化に触れ刺激を受けたかった。外国人の友達がほしかった。社会人になり、仕事を辞めてまで・・・と悩んだ時期もありましたが、今しかできない経験だと思ったので、思い切って決断しました。

オーストラリアの印象はいかがでしたか?

絵葉書を切り取ったような素敵な場所がいっぱいで毎日が感動の連続でした。街並みもダイナミックで広々としていて気持ちがよかったです。多国籍国家とは聞いていましたが、中国人が多いのにびっくりしました!!また、のんびりとしたオージータイムに最初は戸惑いました。電車やバスの時刻表はあってないようなもの。早め早めに行動しないと遅刻します・・・

日本との違いを感じたことは何ですか?

知らない人同士が気軽に挨拶をかわしたり、困っている人を見かけると積極的に話しかけてくれる。日本にいた時には分かりませんでしたが、オージーがいう「日本人はシャイであまり笑顔を見せない」という言葉に日本に帰ってきて妙に納得させられました。一番日本と違うなぁと感じたのは、バックパッカーやユースホステルのような安宿の存在。日本で意識していなかったからその存在に気づかなかったのか、そもそも数が少ないのか・・・(おそらく少ない。)また外国人が気軽に働ける仕事(ピッキングなど)はあるのか・・・日本にワーホリに来る人は大変だと思いました。

オーストラリアおすすめスポットを教えてください

たくさんありすぎて、説明すると止まらなくなりそうなのでほんの少しだけ・・・きれいな海をみたいならエスペランス(パースの南)のラッキーベイ。(私は行っていないが東オーストラリアのホワイトヘブンビーチも同じくらいキレイらしい)。広大な自然を満喫したいならエアーズロック、カリジニナショナルパーク(西オーストラリア)、グランピアンズ国立公園(ヴィクトリア)。幻想的な景色を見たいならグレートオーシャンロード(ヴィクトリア)。自然現象を見たいならブルームやポートヘッドランドで見られる「月の階段」。(5月〜10月の満月の夜にだけ見られる自然現象。引潮の海に月の光が反射し、月へ続く階段のように見える)。教会や街並みがきれいなのはアデレードやメルボルン。レトロなトラムが可愛らしい。その他、カンガルー島の奇形な岩やタスマニアの大自然もおすすめ!!東オーストラリアでは海から昇る朝日を。西オーストラリアでは海へ沈む夕日をみて。

1年を振り返ってみて

今までの人生の中で、こんなに自由で刺激的な1年間はなかったです。別れのシーンでは涙し、嬉しいときや楽しいときには心から笑い、友達と助け合いながら過ごした1年間は本当に充実していて夢のようでした。思い出に残っているのはやはり不安でたまらなかった渡豪直後。英語が分からない不安と親しい友達や家族が近くにいない不安。頼る人もいない・・・そんな私をホストファミリーや学校の友達が助けてくれました。徐々に生活が楽しくなってきたのは1ヵ月後くらい。それからの11ヶ月は信じられないくらい早かったですね。アルバイトやボランティアは多くのオージーと知り合ういい機会となり、いろいろなところに遊びに連れていってもらったり、英語を教えてもらったりできました。少しお金が貯まると友達と旅行に行ったり、BARで飲んで騒いだりもしました。後半は一人でラウンドの旅に出て、オーストラリアに来たときに感じた一人の不安は全くなく、いろいろな人に出会えることが楽しみでたまらなかったです。期待通り、ラウンドの旅では世界中の人たちと友達になることができ、今でもメールのやり取りをしています。危ない目にもあったけど、日本に帰りたいと一度も思わなかったのは、私の周りにいた全ての人たちのおかげ。人に恵まれた最高の1年でした。この1年間は、一生忘れられない思い出です。私の宝物です。

今後ワーホリを考えている方にメッセージを!!

もしも、ワーホリに行こうか迷っている人がいたら、間違いなく勧めます。それは私のワーホリが楽しかったからという理由だけではなく、心身ともに成長できた1年間だったからです。日本にいたときには考えなかったことをたくさん考えたし、親のありがたみ、友達の大きな存在に気づかされました。「100人いれば100通りのワーホリがある」と聞いたことがありましたが、まさにその通りだと思いました。オーストラリアで出会った友達はそれぞれのワーホリを計画し満喫していました。そんな友達の話を聞くだけでワクワクしたことを思い出しました。日本全国・世界各国の人たちとこんな風に話す機会があるなんて、日本に住んでいるときには想像もできなかったし、刺激もたくさん受けました。これからワーホリに行く方に言えることは失敗を恐れないで、いろいろなことにチャレンジしようっ!!ということです。思い出に残る楽しい1年にしよう!!
ページTOPへ