アイゼス10の秘密アイゼスサポートのすべて留学コーディネーター世界のISES NETWORK
メール相談資料請求
海外就職インターンシップ資格取得ワーキングホリデイ看護・介護プチ留学ボランティア専門留学
行きたい国から選ぶアメリカカナダオーストラリアニュージーランドアジアその他の国
各国留学費用アメリカカナダ
体験談スタッフブログ
HOME » 体験談 »親子留学
体験談

アイゼスで留学に行かれたお客様が体験談を寄せて下さいました。
先輩方のアドバイス、すばらしい経験の数々、ぜひのぞいてみて下さい。

西崎様・小泉様  

西崎様・ 小泉様

プログラム親子留学

カナダ

都市バンクーバー

西崎様・隼隆くん
留学中の様子
小泉様・晋くん・真直ちゃん

ご両親がお友達同士でのご留学という形ですが、親子留学に参加されたきっかけを教えてください

小泉様(以下:小)「私はどこでこの親子留学の話を聞いたかと言うと、子供が通っています幼稚園で友達の「斉藤」君というお子様がいたんです。で、斉藤君のお母さんが「アイゼス」さんから一度親子留学にいかれたという話を聞いたんですね。その評判を聞いて私も!という感じです。」 「クチコミ」で弊社にご連絡していただいたことがご縁で、今回サポートをさせていただきましたご両者様ですが、「カナダ」に決定した理由は、とにかく夏でも涼しく、英語がキレイで治安がいいところというものでした。世界でも上位にランク付けされる住みごごちとして知られるバンクーバーなら条件にぴったりですね。西崎様(以下:西)「私は主人の仕事の都合上、上海に住んでいまして小泉さんとはもとから友達だったんです。そして私の子供が通うインターナショナル幼稚園の先生の都合がつかなくて、サマープログラムが中国語になってしまったんですね。私としては子供には英語を教えてあげたかったのでどうしようかなぁと思案していたんですね。」そうしているうちにご友人の小泉様から親子留学の話をお聞きになって即決という運びとなったということでした。

お母様方が通われている学校の様子は?

西:「私は予習、復習する時間がとれないので、ちょっと授業についていくのは大変だなと思うこともありますがなんとか楽しくやっていますね。」という西崎様、授業中の様子を取材させてもらうと、ネイティブな講師を交えて流暢な英語でコミュニケーションをとっていらっしゃいました。小:「学生としてこんなに集中して勉強するのは久しぶりなので、とても新鮮であり、頭も酷使してますよ(笑)その反面ジレンマも受けますね。もっと話せるようになりたのに、色んな雑事に追われ・・・なおかつ、授業にも積極的に質問したいのに話せない葛藤があるんですよ。だから少し思いを引き下げて、自分の足元から片付けてます。でもいい刺激になりますね、色んな人に会えるので。日本人同士でも凄くオープンになっているのがいいなと思います。」と小泉様も言うとおり、授業ではに真剣に取り組まれていて、向上心が表れていました。

日本の学校教育との違いについてはどう感じますか?

西:「やっぱりこちらは自分の意見をはっきり言える環境ですよね。それがどうしてだか分らないんですけども、自然と出来るのはすごく大きい差だと感じます。主語がはっきりしているみたいな。子供同士でも人に話しかけたり、コミュニケーションをとるのにもオープンですよね。」小:「私の子供は日本の小学校と上海の学校にもいっているので、違いは凄く感じます。特に、日本の教育と違って成績の善し悪しが全てを決めてしまうようなことは、カナダも上海もないですね。そういう環境は子供にとって必要なことだと思います。例えばクレームを学校のコーディネーターさんにいうと、本気で子供のことを考えてくれるんです。そして行動してくれるんです。もちろんそのぶん、相手の方もはっきり言いってきます。だからこそこちらもはっきり言えるんですよね。 それと、子供には「先生」という、大人の威厳がしっかり伝わっているんですね。厳しいですからね、また、成績表もすごく細かくて、日本では出来ないことの粗探しが主流なんですけど、こちらでは、出来たことを褒めるんですね。その上に、「これもできたらもっといいよね」と言う風に、すごくポジティブなんですよね。そういう教育の概念の違いを痛感しました。こういう教育で 子供も押し付けじゃない、理屈でわかってくれたらうれしいですね。」西:「そうなんですよね。私も今日成績表を頂いてきたんですが(笑)まさしく、そんな感じでしたね。(笑)」小:「私のはもっと母音をはっきり発音したら良くなるってかいてありました(笑)」成績表に関してはもちろん子供も、大人もアプローチは一緒。個人の才能を引き出すように評価してくれる教育にご両者ともに感心した様子でした 。

カナディアンの印象は?

西:「私たちは上海にいますから。第三次産業というのはサービスが低いんで(笑)カナダはいいですね。」小:「そうそう。というかサービス自体がない(笑)」西:「それにカナディアンは非常にみんな親切ですよね。また個人主義ですので、聞けば教えてくれるけど、聞かなかったら教えてくれないということはありますけど、それはとるに足らない問題ですよね。」小:「私はん〜・・今はノーコメントですね。」少し俯き加減の小泉様。実は滞在先のホームステイファミリーと少しすれ違いがあったそう。正直な気持ちを伺って見ました。

滞在ではどんなことにお困りだったのでしょう?

小:「私はホームステイにしたんですけど、イメージが強過ぎたせいかもっとコミュニケーションが取れるもの思っていました。 日本の文化を紹介するもの一応持ってきたんですけど・・それを紹介するチャンスが一切なかったり、まるで日本文化について興味がないように見受けられるんです。これが個人主義なのかちょっとわかりませんけど。そうして結果として今感じていることは、HSを選ぶにあたっては、自分の希望や、意志を細部にわたってはっきりとエージェントの方に伝えておかなくてはいけないと痛感しています。もしもその希望が通らなければ、不平を言うわけではなく、文化の違いだと認識できる人がHSをできるんだと思います。ですから、HSに向いている性格、向いていない性格があると言うことは今わかったので、経験としては本当に良かったです。なるほど、確かに人情深い日本人には、このHSの方とはあまり一致するところが少なかったようです。しかし小泉様は前向きに考え残りの滞在を楽しもうと努力をしてらっしゃいました。一方お友達の西崎様は始めから「自由気ままなキッチン付きのホテル」とわりきり滞在をエンジョイさせれていました。やはり自己分析ということは、全く環境の違うところで生活するにはキーポイントなのかも知れません。

親子で一番感動したことは?

西:「まず、ホテルの景観には感動しましたね。いま30階なんですけど本当一望ですよね。あとは、グランビルアイランドに行ったときにシーバスを乗った時にアザラシが泳いでいるのに感動しましたね。子供もすごい楽しんでました。それと、上海では道で手をつないで歩道を歩くということが危ないのであまりないんですね。でもカナダに来てからは、二人きりですしいつも手を繋いでいます。精神健康面的にコミュニケーションが図れて感動は多いですね。小:「ささいなことですがバスで席を譲ってもったことですね。昨日、バスに乗って1つ空いたたので、まず子供を座らせたんですけど、そしたら、となりの男性が「どうぞ」っていう仕草をするんですよ。異国でもこういうことには国境はないですよね。本当に心が温まりました。確かに異国の地で人の優しさの琴線に触れるという体験はその規模の云々ではなく、本当に素晴らしいものですね。

この留学を通してお子様に期待されることは何ですか?

西:「子供が、この世にスペイン語というものが存在するということが、わかったらしいんです(笑)。まだ小さいですから。そのなかで英語の他にも世界観が広がったことは収穫でしたね。今後主人の転勤とかでどこに行くかわからないので、どの土地に行っても堪え得るだけの英語力は育てて欲しいなと思いますね。小:「そうですねぇ。基本的にココに来たのは子供たちの英語力をキープするという目的でしたので、その目的をまずは達成して欲しいですね。そして、私と主人が望んでいることは日本の教育環境の中で、将来自分の身に何かが起きても自分のチカラで決めて、選んで、責任を負うということをしてもらいたいです。そうなるために海外を見ることは非常に有意義だと思うんです。そのきっかけとして、英語というものを習得してほしいですね。
ページTOPへ