アイゼス10の秘密アイゼスサポートのすべて留学コーディネーター世界のISES NETWORK
メール相談資料請求
海外就職インターンシップ資格取得ワーキングホリデイ看護・介護プチ留学ボランティア専門留学
行きたい国から選ぶアメリカカナダオーストラリアニュージーランドアジアその他の国
各国留学費用アメリカカナダ
体験談スタッフブログ
HOME » 体験談 » 有給ホテルインターン+語学研修
体験談

アイゼスで留学に行かれたお客様が体験談を寄せて下さいました。
先輩方のアドバイス、すばらしい経験の数々、ぜひのぞいてみて下さい。

佐藤照代様  

佐藤 照代 様

プログラム有給ホテルインターン+語学研修

ニュージーランド

都市クイーンズタウン

留学中の様子
留学中の様子
留学中の様子

ISESで留学したきっかけについて

もう一度「海外生活をしようかな」と漠然と考え始めて、本屋で留学雑誌を手に取りいろいろ調べ始めました。その時に、今回はワーキングホリデーではなくインターンを体験しようと考え、数社に資料請求をしました。その時のISES高橋さんの対応がとても感じよく、親身に相談に乗っていただいたり、疑問や不安はきちんとクリアにしていきましょうと、その都度簡単な質問にも答えていただいたり、交渉していただいたりと「私に最適な留学」を一緒に考えてくれる姿勢からISESさんしかないと思い、インターンシッププログラムに申し込みました。

Queenstownでの生活について

Queenstownは山々に囲まれた湖畔の小さな町で、イギリスやヨーロッパの観光客からも人気のリゾート地です。リゾート地だけあって、物価が気持ち高めだったりしますが、贅沢な景色といろいろなアクティビティが楽しめるということで、とても楽しい海外生活が送れる町だと思います。まずNZに着いてすぐに2週間語学学校に通いました。この学校は大きな窓がまるで額縁のように、リマーカブルスというこの町の代表的な山をきれいに望める少し高台にある学校で、割と小さめの学校のためか先生も生徒も皆が皆を知っていて、とてもアットホームな雰囲気でした。お昼にはランチを学校で食べながらアクティビティの相談をしたり、週末の旅行の計画を立てたり、自然と皆が仲良くなっていきます。実際私もたくさんの友人を学校で作りました。私は2週間しか学校に通っていなかったのですが、その後も仕事が早く終わった日や休みの日には学校に遊びに行って、アクティビティに参加したり、皆と飲みに行ったりと2ヶ月間しっかり"生徒"のようでした。

ホテルインターンについて

学校に通っている間にインターンをする予定のホテルとの面接をし、ホテルのすぐ近くにフラットを借りました。学校を終えてすぐの3週目から働き始めました。始めは3ヵ月ならハウスキーピングしかできないことに「違う」と思い悩んだり、相談したりもしましたが、何かの縁だと思って続けることにしました。ハウスキーピングもやり始めるとやりがいはある仕事で、ペアを組んで一部屋を2人で掃除し、次のセットをするのですが、そのペアでNZの人はもちろんオーストラリア、ブラジル、ロシアなどいろいろな人とペアを組むことが多いので、そこでいろいろな英語に接してコミュニケーションをとるのですが、同じ英語でも国ごとにアクセントも違い、同じKiwiでもマオリの人はまた独特なアクセント、言い回しがあったりしてはじめは聞き取るのに苦労しました。でも、マオリの子達とも身近に接することができたのはとても貴重な体験だったと思います。クリスマスパーティでは、皆行き先を知らされずにどこに行くのかと思ったら、なんとジェットボード乗り場に着き、ジェットボートを楽しみました。暗くなってからはバーに移り、楽しい1日を過ごすことができました。

国内旅行について

ホテルでの仕事を辞め、児童英語教師養成講座を受けるためにオークランドへ移動する際に、飛行機の方が安く早く移動できるのですが、旅をしながら移動しようと思い計画を立てました。列車にのり景色を見ながら移動をするため、Scenic Rail Passを購入し、移動を開始しました。29日クィーンズタウンからダニーデンへ、30日クライストチャーチへ移動し(ここまではバス移動)3泊しました。その間に観光列車として一番人気のトランツアルパインでの往復もしました。2日にトランツコースタルを使いピクトンへ。そこでレンタカーをして、ドライブしながらネルソンまで行きそこに泊まりました。3日にネルソンからさらにエイベルタスマン国立公園のすぐ近くのカイテリテリビーチまで行き、ピクトンまで引き返しました。ピクトンでフェリーに乗り、北島のウェリントンまで行きました。4日はあらかじめピクトンで申込しておいたロードオブザリングスのロケ地を巡るツアーに参加しました。5日の最終日には1日列車に揺られ北島を縦断。オークランドまで行き、夜10時過ぎに新しいホームステイ先に到着しました。列車は予想通り大幅に遅れたりしましたが、天気にも恵まれ楽しい旅ができました。

Aucklandでの生活について

オークランドはNZ最大の都市というだけあって、町も大きくお店もたくさんあり人もたくさんいました。ホームステイ先は町から少し離れていて、バスで40分ほどかかるところにありました。毎日の通学には時間がかかりましたが、郊外のため治安があまりよくないといわれるオークランドの中でも危険を感じないほど安全で緑も多く、ホームステイするにはとてもよいところでした。街中は本屋さんなども大きく、買い物をするには手軽にいろいろ揃う反面、NZらしい自然があまり感じられないのは少し寂しく感じました。それでも休みの日にはフェリーを使ってデボンポートに行ったり、ミッションベイやパーネルなどおしゃれなお店や、おいしいアイスクリーム屋さんもあって楽しみました。学校最後の週末にはクラスの子達とレンタカーでワイトモまでGlowwormを見に行きました。ブラックウォーターラフティングというもので大きな黒い浮き輪みたいなものに乗って洞窟の中を進むのですが、かなり楽しかったです。Glowwormもきれいでした。

児童英語教師養成講座について

この講座はクィーンズタウンにいる間に受けてみたいと思い立ち、高橋さんに聞いてみて受講を決めたものです。もともと児童英語教師には興味はあったものの、海外にいるのに日本語で受講することに抵抗はあったものの、受講し始めるときちんと日本語で説明を受けることにより、きちんと理解できること、日本の子に英語を教える上での子供の特性やどのように子供の興味を引くか等が実体験を通して聞けたことなどともて参考になり、後半のほぼ毎日の実習の中でも実践力が養われ、自信もつきました。私が講座を受けたときは生徒が7人で大クラスでしたが、大人数ゆえに他のクラスメートの実習を見る機会も多く、皆で意見をだしあったり、いいところは吸収したりなど先生は大変だったかと思いますが、私達はとても楽しく受講することができました。先生も生徒もとても仲が良く、いつも教室からは笑い声が絶えませんでした。

その他

私は学校が終わると両親を呼んで、以前いた南島を一緒に旅行することにしていたのですが、そのときにもISES高橋さんにお世話になりました。まだ海外旅行をしたことがない両親も高橋さんのおかげで、無事NZにたどり着き、楽しい思い出を作って帰ってくることができました。高橋さん、伊澤さんをはじめ、ISESの皆様、本当にお世話になりました。そのうち会いに行きます(笑)

これから留学する皆さんにアドバイスを!!

たった4ヶ月の留学でしたが、学ぶこと、景色を楽しむこと、旅をすること、日本にいたら会うことはなかったであろう日本人、NZの人、NZにきていた各国の人。いろいろな人との出会いがあり、存分に楽しむことができました。皆さんも思い立ったが吉日。いろいろな可能性を広げて、いろいろなことを体験して、たくさんの人と出会って触れ合ってきてください。今までは感じなかった日本のこともいろいろ見えて考えさせられたりもします。ただし、日本を一歩でたら日本人代表。あまり羽目をはずしすぎることなく、楽しい思い出を作ってきてくださいね!
ページTOPへ